MENU

フェイスラインニキビを悪化させない洗顔のポイント!

フェイスラインニキビを効果的に治すには、今行っている洗顔方法を見直すのもポイントとなってきます。

 

・クレンジングや洗顔料を長時間肌にのせたままにしている
・汚れが気になって1日に何度も洗顔している
・毛穴を綺麗にしたいのでスクラブ入りの洗顔料が好き

 

こんな人は、その洗顔方法がフェイスラインニキビを悪化させているかもしれません。

 

 

フェイスラインニキビができる原因の一番大きなものは、肌の乾燥が進むことによる皮脂の過剰な分泌です。

 

肌が乾燥しているのに、洗顔しすぎたり、洗顔料の刺激が肌に加われば、さらに肌は乾燥してしまいます。

 

そして、それを保護しようとして皮脂が余計に出てきてしまうのです。

 

そうして分泌された皮脂は毛穴に詰まって、時間が経つと黒く酸化します。

 

また、雑菌が皮脂をエサに繁殖する場合もあり、そうなると赤く炎症を起こしたニキビに発展してしまうのです。

 

 

だからこそ、フェイスラインニキビを効果的にケアしていくには、洗顔の見直しが大切。

 

肌から汚れだけを落とし、必要な潤いはしっかりと残すようにすればいいのです。

 

ここでオススメなのが、クレイが入った洗顔料です。

 

クレイというのは天然の泥のことで、「海泥」とか「ミネラルクレイ」などの名前で、洗顔料のパッケージに書いてあることが多いです。

 

泥は目に見えない非常に小さな粒子を含んでいて、その粒子が優しく肌の汚れをからめとります。

 

しかし、肌に余計な刺激を与えないので、潤いは残ったまま…という理想の洗顔料なんです。

 

逆にお勧めできないのは、スクラブなど粒子が大きなものが入った洗顔料。

 

これらは汚れを落とす力も大きいですが、それだけ肌の潤いを奪いやすく、肌表面の健康である部分まで傷つける可能性があるのです。

 

 

次に、メイクをした日にはクレンジングを行うかと思いますが、できれば「W洗顔要らず」のクレンジング料を選ぶと良いでしょう。

 

クレンジングと洗顔をどちらも行えば、それだけ肌の潤いを奪っていることと同じ。

 

そこで、クレンジングだけで済めば、潤いを必要以上に奪わなくて済むのです。

 

そしてそのクレンジング料も、オイルではなくミルクタイプやクリームタイプがオススメ。

 

優しい洗い心地で、肌に負担をかけません。

 

ミルクやクリームタイプでは、濃いポイントメイクが落ちるか心配…という時には、ポイントメイク用のリムーバーを使うのがオススメです。

 

まぶたを強くこすらなくて済むので、まぶたの弛み防止にも役立つんですよ。

 

 

そして顔を洗う時も、クレンジングや洗顔料をできるだけはやく洗い流すことが重要。

 

汚れを浮き上がらせようと考えて、パックのように使う人もいますが、それは肌の潤いを奪うだけで逆効果!

 

ニキビを悪化させてしまいます。

 

クレンジングなら1分馴染ませて洗い流す、洗顔料は泡を10秒転がすだけで十分!

 

洗い流す時間の方が長くなるくらいで良いんです。

 

 

ここまでをまとめると、

 

・洗顔料はクレイタイプがオススメ
・クレンジングはW洗顔要らずで
・ミルクやクリームクレンジングがぴったり
・洗顔時間はごく短く

 

というのが、フェイスラインニキビを効率よくケアするための洗顔方法のポイントです。

 

 

そして、洗顔をした後には、しっかりと化粧水、乳液、クリームで保湿ケアを行いましょう。

 

潤いをキープできる肌になれれば、もうフェイスラインのニキビも怖くありません。

 

関連ページ

フェイスラインニキビの原因とは?大人のニキビができやすい肌
フェイスラインニキビの原因は何なのでしょうか?フェイスラインニキビの原因を究明して、ケアのポイントを押さえましょう。
フェイスラインニキビの治し方!最も手軽にケアするには?
フェイスラインニキビの正しい治し方や、フェイスラインニキビの治し方のポイントをおさらいしましょう!