MENU

フェイスラインニキビの治し方!自宅で手軽にケアする方法!

肌が乾燥してバリア機能が弱くなり、それを補うために皮脂が過剰に分泌されることで、毛穴が詰まってできてしまうフェイスラインニキビ。

 

一度できると繰り返し同じ場所にできやすいと言われている、フェイスラインニキビの効果的な治し方はないのでしょうか?

 

 

フェイスラインや顔の下半分にできるニキビは、肌が乾燥して皮脂の分泌バランスが崩れることが原因。

 

つまり!それを治すためには肌をしっかりと保湿して、潤いでいっぱいにしてあげればいいのです。

 

 

フェイスラインニキビの治し方はシンプルで、

 

・化粧水、乳液、クリームで水分と油分を両方とも補給する
・クレンジングや洗顔をしすぎない
・ニキビがある部分に触り過ぎない

 

ことが鉄則。

 

 

よく、乳液やクリームがべたつくからつけていない…と言う人もいますが、大人の肌にそれはNG!

 

唇をなめると余計にカサカサになるように、水分だけでは肌は酷く乾燥してしまうのです。

 

水分を化粧水で補給したら、乳液やクリーム、または保湿ジェルで適度な油分を与えることが大切。

 

水分と油分がしっかりと結びつくと、水分の蒸発を防ぐことに繋がって、肌の潤いをキープできるんです。

 

 

そしてできれば、ニキビに刺激を与えないように、手のひらで時間をかけてハンドプレスするのがオススメ。

 

…なのですが、実際は毎日忙しくてそれどころじゃない!という方も多いのではないでしょうか?

 

 

そこでご紹介したいのが、「メルライン」です。

 

メルラインはオールインワンタイプの保湿ジェル。

 

あご・フェイスラインニキビに効果的な、保湿成分がたっぷりのスキンケアアイテムなんです。

 

化粧水、乳液、クリーム、化粧下地効果もあって、毎日のニキビケアが楽になること間違いなし。

 

さらに、ニキビがある部分に手が触れる回数が減るので、ニキビの治りがより早くなるんです。

 

もちろん、あごやフェイスラインだけでなく、体にできてしまったニキビにも効果的。

 

伸びがよくてよく馴染むので、乾燥して荒れた肌を優しく整えてくれます。

 

 

その潤いのヒミツは、10種類もの保湿成分たち。

 

例えば、

 

・保湿力が高い『水溶性コラーゲン』
・水分を抱え込んで離さない『ヒアルロン酸』
・肌の内側で水分を引き寄せる『トレハロース』
・水分キープ力に優れている『トリメチルグリシン』

 

などが配合されています。

 

また、それだけでなくニキビの炎症を抑える『ビタミンE』や、ニキビ跡の黒ずみをケアする『水溶性プラセンタ』など、できてしまったニキビにも、ニキビが治った後の肌の健康にも、バランスよく働きかけてくれるのがポイント。

 

これだけ売れ良い効果が期待できるのに、パラベン、香料、着色料など5つの添加物を入れていない無添加処方。

 

だから、ニキビができている刺激に弱くなった肌にも、優しく使うことができるのです。

 

 

どんなケアが最適なのか解らなかった、いつものケアではニキビが治らない…など、しつこいフェイスラインニキビやあごのニキビには、メルラインでたっぷり保湿ケアをしてあげてください。

 

ぷるぷるとして肌荒れのない美肌を目指していきましょう。

 

⇒メルラインの公式サイトはこちら

関連ページ

フェイスラインニキビの原因とは?大人のニキビができやすい肌
フェイスラインニキビの原因は何なのでしょうか?フェイスラインニキビの原因を究明して、ケアのポイントを押さえましょう。
フェイスラインニキビを悪化させない洗顔のコツ!
フェイスラインニキビを効果的にケアするための洗顔方法をまとめています。また、フェイスラインニキビに対する洗顔アイテムの選び方も参考にしてくださいね。