MENU

フェイスラインニキビにはどのような原因が?大人のニキビで悩んでいる方必見!

ニキビはできる場所によってその原因が異なります。

 

ニキビは、基本的には毛穴が汚れや皮脂によって詰まってしまうことで、炎症が起こったり、雑菌が繁殖することで起こる皮膚の病気のひとつ。

 

そして、その皮脂が「どうして増えてしまうのか」という点が場所によって異なり、ニキビができる原因がそれぞれに違ってくるのです。

 

 

顔にできるニキビの中でも、特に治るまでが長くてしつこいのがフェイスラインニキビです。

 

フェイスラインニキビの原因はズバリ、

 

・乾燥
・摩擦などによる刺激
・毛穴が小さいため皮脂が詰まりやすい

 

ことです。

 

 

ニキビというと、肌がベタベタするせいで起こると勘違いしがちですが、それは思春期ニキビに多く見られるもの。

 

大人になってから繰り返すニキビは、真逆の乾燥肌が原因となることが多いのです。

 

フェイスラインニキビの原因は、乾燥肌とそのせいで過剰に分泌される皮脂にあります。

 

 

肌が乾燥すると、肌表面を保護しようとして普段よりもたくさんの皮脂が分泌されます。

 

しかし、フェイスラインの毛穴は周りと比べても小さいですし、数もそんなに多くないため、皮脂が詰まって酸化してしまいます。

 

やがてその皮脂が毛穴に落ちたり、そこに雑菌が繁殖して炎症を起こすのです。

 

また、肌が乾燥している状態はバリア機能がとても弱いため、服などの摩擦にも弱くなり、肌の水分がさらに逃げ出してしまいます。

 

そしてその刺激から肌を守ろうと皮脂が分泌して…と、悪循環になってしまいます。

 

このように、フェイスラインニキビの原因は肌の乾燥が大きな原因となっており、大人になってからできるニキビの多くはTゾーンよりも顔の下半分の方にできることが多いのです。

 

 

また、乾燥肌だけではなく、女性の場合はホルモンバランスの乱れによって、皮脂の分泌が過剰になってしまうことも。

 

特に、生理前の時期になるとホルモンバランスが崩れやすくなるため、その時期にニキビが増えたと感じる人も多いのではないでしょうか。

 

生理前になると食欲が急に出てくるという人もいますが、そうした場合その食事の内容によっても、フェイスラインや口元、顎の部分にニキビができやすくなります。

 

特に注意したいのは、脂っこいものやお菓子類、チョコレート類です。

 

これらは油分が多く含まれているため、皮脂分泌も盛んになってしまうのです。

 

 

肌の乾燥、刺激に弱くなってしまう肌、そしてそれを守ろうとする皮脂の分泌量…それらが総合的に絡み合って、フェイスラインニキビを発生させてしまいます。

 

何度も同じ場所にニキビを繰り返している、特にフェイスラインや顎の部分が酷い、しっかり洗っているのにニキビができる…こういった場合は、乾燥が進んで脂っぽくなっている証拠かもしれません。

 

そういった場合に、ニキビ=油っぽいと思い込んで洗顔をしすぎたり、保湿を簡単に済ませてしまうのは逆効果。

 

できているニキビとその周りの肌の状態を見直して、繰り返してしまうニキビの原因をしっかりと解決できるケアをしていきましょう。

 

関連ページ

フェイスラインニキビの治し方!最も手軽にケアするには?
フェイスラインニキビの正しい治し方や、フェイスラインニキビの治し方のポイントをおさらいしましょう!
フェイスラインニキビを悪化させない洗顔のコツ!
フェイスラインニキビを効果的にケアするための洗顔方法をまとめています。また、フェイスラインニキビに対する洗顔アイテムの選び方も参考にしてくださいね。